比較的安全な筋肉増強剤は存在します

 

筋肉増強剤にも種類があって、怖くない商品もあります。

 

筋肉増強剤は効果は絶大でも、副作用もあることはあまりに有名です。
なので、安全安心、効果だけあって副作用のない筋肉増強剤を探している人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、基本的に筋肉増強剤に関しては効果と副作用は比例すると思ってよいでしょう。
効果が高く副作用がない都合のいい筋肉増強剤は存在しません。

 

とはいえ、ボディービルダー以外の人なら、効果が弱いとされる筋肉増強剤でも十分だと思われます。

 

参考までに有名な経口筋肉増強剤を効果と副作用の強さで分類しました。

 

注)補足ですが、筋肉増強剤の効果と副作用は個人差があります。
お酒でも、少しで酔っ払う人もいれば、いくら飲んでも酔わない人もいます。
また、頭痛がしたり二日酔いになる人もいれば、まったく症状が出ない人もいます。
筋肉増強剤も同じです。
効果も副作用も最強と言われるオキシポロンでさえ、副作用を感じなかったという体験談もあります。
自分に対してどうなのか?は実際に使用するまでわかりません。

 

効果(副作用)が強い

★オキシポロン
古典的な筋肉増強剤だが、今なお最強と言われている。
とにかく今すぐ筋肉をつけたい、という人にはお勧めであるが、初心者ならアンドリオールのような弱い筋肉増強剤や、メガマックスマッスルのような非ステロイド系の筋肉増強剤から始めた方が無難である。

→オキシポロンの詳細・購入・体験談はこちらから

 

効果(副作用)が中程度

★ウィンゾロン(スタノゾロール)
ベン・ジョンソンが使っていた筋肉増強剤。今も人気がある。
体脂肪を落とす効果があり、減量にも使われる。

→ウィンゾロンの詳細・体験談

 

★プリモノロン(プリモボラン)
比較的体にやさしいとされる。女性が使える数少ない筋肉増強剤の一つ。
値段が高いのが難点。

→プリモノロンの詳細・体験談

 

効果(副作用)が弱い

★アナドリン(オキサンドロロン)
他の筋肉増強剤と違い、体内に水分がたまらない。そのため筋肉だけ増量できる。
副作用の報告は少ない。

→アナドリン(オキサンドロロン)の詳細・体験談

 

★アンドリオール
比較的新しい筋肉増強剤で副作用は小さい。しかし、他と比べて効果は小さいとされる。
男性機能回復剤としても使用されることもある。
なお、アンドリオールには価格の安いジェネリックが販売されており、コスパは良い。

→[アンドリオールジェネリック]セルノスの詳細・体験談

 

効果は個人差が大きいが副作用がほぼない

★ファーミアマッスル
非ステロイド系の筋肉増強剤。原料が天然素材なので副作用はほぼないと言っていいだろう。
効果に関しては効くという人と変化がないという人に分かれる。

→ファーミア・マッスルの詳細・購入・体験談はこちらから

 

★メガマックスマッスル
ファーミアマッスルの成分強化版。価格もファーミアマッスルより安いので現在ではファーミアマッスルが非ステロイド系の筋肉増強剤の主流となりつつある。

→メガマックスマッスルの詳細はこちら

 

<補足>メガマックスマッスルとファーミアマッスルの違い

2017年春、メガマックスマッスルが日本に上陸し、スポーツや筋トレが趣味の男性などから注目を集めています。
(注:似たような名前の商品にメガマックスウルトラという増大サプリがありますが別商品です)

 

メガマックスマッスルは筋力アップのサプリで、ステロイドが含まれておらず天然成分が売りです。

 

なお、筋力アップに関する商品は大まかには3種類あります。

 

プロテイン

プロテインやプロテインが分解されたアミノ酸は筋力アップには定番です。
ホエイや大豆など天然成分が主体です。
有名な商品は多数。ザバスなど。

 

アナボリックステロイド

人工的に合成された男性ホルモンに似た化学物質です。いわゆる筋肉増強剤です。
短期間で信じられないほど筋力アップします。
ただし、使い方が難しく、安易に使うと健康を損ないます。
有名な商品は、オキシポロン、アナドリンなど。

 

天然ハーブ系サプリ

男性ホルモンの分泌を促進する天然ハーブが主成分です。
アナボリックステロイドとは違い、天然成分なので副作用は小さいとされます。
有名な商品は、ファーミアマッスル。

 

メガマックスマッスルは系統的にはファーミアマッスルと同類です。
なので、メガマックスマッスルの購入を検討している方には参考としてファーミアマッスルと比較してみるといいと思います。

 

メガマックスマッスル ファーミアマッスル
価格:1本(1ヶ月分) 4,500円 価格:1箱(1ヶ月分) 4,950円

主成分(1回分)
●ハマビシエキス 500mg
●コロストラム 100mg
●バイオペリン 10mg
●ビタミンB3 16mg
●亜鉛 10mg
●ビタミンB6 2mg
●コレウスフォルスコリ 100mg
●ムクナプルリエンス 30mg
●アヴェナサティバ 30mg
●クレアチン 60mg
●L-オルニチン一水和物 60mg
●テオブロミン 30mg
●L-カルニチン 40mg
●スルフォラファングルコシノレート 15mg
●バリン 10mg
●ロイシン 10mg
●イソロイシン 10mg

主成分(1回分)
●ハマビシエキス
●コロストラム
●コショウエキス
以上の3成分の合計が590mg
●亜鉛 10mg、
●ビタミンB3 16mg
●ビタミンB6 1.4mg

 

価格はメガマックスマッスルのほうが安いですが、成分量・成分数はメガマックスマッスルが圧倒しています。

 

どちらの商品を選ぶかと言ったら、迷うことなくメガマックスマッスルだと思います。

 

結局、メガマックスマッスルで筋力アップできるか?

メガマックスマックスはまだ日本で販売開始されたばかりで、口コミもほとんどありません。
なので、実際にメガマックスマッスルを使用したらどうなるのかは、あまり分かっていません。

 

一方、ファーミアマッスルは販売されて数年経つので口コミも豊富です。
ファーミアマッスルは全く効果がなかったという声もありますが、概ね何らかの効果を感じたという人が多いです。
アナボリックステロイドのような劇的な変化はありませんが、筋トレとあわせて数カ月使っていると体つきが変わってきた、という口コミは少なくありません。

 

メガマックスマッスルはファーミアマッスルの上位互換的な商品なので、それ以上の効果は期待できると思います。
ただ、こういったサプリの効果は個人差は大きいので、実際に使ってみるまではわからないと思います。

 

しかし、メガマックスマッスルは、返金保証がついています(メガマックスマッスルはいくつかのネットショップで同価格で販売されていますが、返金保証があるのはオオサカ堂系列だけです)。
効果に満足がいかなければお金が帰ってくるので、まずは1回試してみるといいかもしれません。

 

<追記:実際にメガマックスマッスルを使ってみました>

オオサカ堂からメガマックスマッスルを取り寄せて実際に使ってみました。

 

服用すると、わずか数分で体が熱くなるような感覚になります。それに伴い、ちょっと体を動かしたくなるような気分になります。
メガマックスマッスルを服用して筋トレすると、なぜだかわかりませんがはかどります。
腕立てもいつもより回数をこなせました。

 

約1ヶ月間使用しましたが、ムキムキにはなりませんでしたが、胸筋と腹筋はかなり付いたと思います。なかなか正確に効果は検証しにくいですが、自分では多少効果はあったものと思っています。
なお、そのつもりはありませんでしたが、精力もUPして、ムラムラしやすくなりました(笑)。

 


→メガマックスマッスルの詳細はこちら

 

最強クラスの筋肉増強剤「オキシポロン」の効果と副作用

安全よりも効果を重視する人には最強クラスの筋肉増強剤であるオキシポロンをおすすめします。
ただし、副作用や副作用を和らげるケア剤について知っておきましょう。

 

副作用は、すべての人に現れるわけではありませんが、具体的には以下の症状があります。
★肝機能障害
★高血圧
★多毛症
★男性の女性化
★女性の男性化
★睾丸の萎縮
★前立腺の肥大

etc

 

オキシポロンを使用する人は上記のような副作用が出る場合があることを覚えていて下さい。
もし副作用が出たら、直ちに使用を中止します。筋肉増強剤のケア剤を使用するのもいいでしょう。

 

オキシポロンの体験談

オキシポロンンは比較的使用者の多い筋肉増強剤なので、ネットで口コミも見つかります。
典型的なコメントをまとめてみました。

 

●1ヶ月服用するだけで、筋肉が本当につきます。

 

●トレーニングしなくてもある程度筋肉がつきます。

 

●飲み始めてすぐ、周囲から筋肉がでかくなったと言われました。

 

●50代からでも筋肉がつきました。

 

●ムキムキになりすぎて以前の服が入らなくなった。

 

●効果抜群ですが、ケア剤も必須です。

 

●吹き出物、肌荒れがひどいです。

 

●数日で睾丸の萎縮を感じた。

 

<総評>
筋肉増強効果については多くの使用者が感じています。しかし、副作用については個人差が大きいようです。
ほとんど感じないという人から睾丸が萎縮するなどの重度な人まで様々です。

 

オキシポロンを使用するときには副作用対策としてケア剤も一緒に使用したほうが安全です。
代表的なのは以下の通りです。
★クロミッド…睾丸の回復
★ノルバデクス…女性化の防止
★プロペシア…ハゲ、吹き出物防止
★シリマリン…肝臓の保護

※ケア剤もオオサカ堂で購入できます。

 

また、オキシポロンのような効果の強い筋肉増強剤はボディービルダーのような玄人もよく使用しています。
彼らは注射タイプの筋肉増強剤と組み合わせたり、使用期間にオンとオフを組み合わせたりと、かなり考えて使います。
もしジムなどでボディービルダーのように異様に筋肉が発達している人がいたら、その人は「やってる」かもしれません。仲良くなれば色々教えてもらえるでしょう。

 

筋肉増強剤の使い方・ケア剤について

本サイトでは基本的にオキシポロンのようなガチの筋肉増強剤はおすすめせず、体に優しいメガマックスマッスルのようなサプリをおすすめしています。
しかし、どうしてもオキシポロンを使用したいという人のために、簡単に使い方を説明します。

 

●連続使用は禁物
まず、連続使用は控えて下さい。
連続使用は6〜8週間にしておきましょう。
その後は体のダメージを回復させるため、6〜8週間の休薬期間をもうけます。
体が回復したと思ったら、また6〜8週間使用します。
この繰り返しを「サイクル」といいます。
オキシポロン以外の筋肉増強剤も、基本的にサイクルを組んで使用することは常識です。

 

●始めと終わりは少なく
使用中は毎日一定量を飲み続けるのではなく、始めと終わりは少なく、中盤は多くします。
例えば以下の通りです。
1週間目:50mg/日
2週間目:100mg/日
3週間目:150mg/日
4週間目:100mg/日
5週間目:100mg/日
6週間目:50mg/日

 

体内のホルモン量が急に増えたり減ったりすることは体の負担が大きく良くありません。特に急に減るとダメージが大きくなります。
オキシポロンを使用すると睾丸の機能が下がって男性ホルモンの分泌量が減ります。
これは、体外から摂取したホルモンの影響で、血中のホルモン量が正常値を超えるため、その分睾丸で作られるホルモン量が減るためです。
いきなりオキシポロンの摂取をやめると、血中のホルモン量が急減しますが、機能の落ちた睾丸では正常値のホルモンを作り出せないからです。
そうなると、体に不調を来します。

 

●副作用を抑える薬(ケア剤)を併用する
筋肉増強剤も種類によって副作用は異なりますが、オキシメトロンの場合、睾丸機能の低下、乳房の女性化、肝機能の低下が特に問題となります。
使用をやめれば回復しますが、その時間を早めるための薬があります。

 

睾丸機能の回復にはクロミッドという薬があります。
これは女性が使えば排卵促進剤となりますが、男性が使えば性腺刺激ホルモンが睾丸を刺激することにより男性ホルモンの分泌を活発にします。
50mg〜100mg/dayを1〜2週間飲み続けます。

→クロミッドの詳細・購入はこちらから

 

女性化対策にはノルバデクスという薬があります。
女性化に関しては、個人差が大きく、感じない人もいますが、もし乳首が痛くなったらオキシポロンの使用を中止してノルバデクスを飲みましょう。

→ノルバデクスの詳細・購入はこちらから

 

肝機能に関しては、市販のウコンなどのサプリで回復させましょう。それほど高くはないはずです。

 

さて、本来は筋肉増強剤は専門知識のある人が自己責任で使用するものです。
筋肉増強剤の実際の使用法は複雑で、オキシメトロンのような経口薬単独ではなく、デカデュラボリン(世界的に有名な筋肉増強剤。オオサカ堂の商品検索で「デカ」と入れれば出てきます。)などの注射薬と組み合わせて使用しすることが多いです。このような筋肉増強剤の組み合わせをスタックといいます。
筋肉増強剤は数十種類あると言われており、この中で自分にあったスタックを見つけるため筋肉増強剤ユーザーは試行錯誤します。それにはリスクを伴いますし、知識が必要なのです。

 

自信がなければ、まずは天然素材の筋肉増強サプリをお勧めします。

 

参考:筋肉増強剤で死ぬことはあるか?

 

結論から言うと、筋肉増強剤が直接的な原因となって死亡したという人はほとんどいないようです。
大量の筋肉増強剤を使用しているボディービルダーの間では、まれに突然死する人はいますが、彼らは筋肉増強剤以外にも利尿剤や興奮剤も使用しており、そちらが直接的な原因となっている可能性が高いと見られています。
また、筋肉増強剤は健康を損なうことがあっても、使用を止めれば回復することがほとんどです。筋肉増強剤(ステロイド)の使用が発覚してスポーツ界から去ったアスリートも、案外元気そうにしているのでそれほど後遺症もないのかと推察されます(ベンジョンソンなど)。

 

かといって、筋肉増強剤が安全というわけではなく、使用には細心の注意が必要なのは言うまでもありません。

 

参考:どうしても筋肉増強剤を病院で処方してもらい人へ

 

どうしても筋肉増強剤を使用したいけど、自分で使用するのが不安、という人もいると思います。
かなり数は少ないですが、メンズクリックやスポーツ系のクリニックで筋肉増強剤(アナボリックステロイド)を処方してくれるところもあります。
いくつか紹介します。

 

西池袋メンズクリニック
プリモボランとテストステロンを主に処方。
注射薬、経口薬ともにあり。
ケア剤も処方している。
予約必須。
場所:東京都豊島区西池袋

 

新宿御苑メンズクリック
初心者コース、中級者コース、上級者コース、プロコースの4つのコースがある。
場所:東京都新宿区新宿

 

エクセルメディカルクリニック
プリモボランの注射薬を処方。1本2,870円、血液検査1回1万円。
場所:茨城県水戸市宮町

 

九州ベテルクリニック
日本製の筋肉増強剤のみ処方。成長ホルモンの処方も組み合わせる。
モットーは「ナチュラルはステロイドにかなわない」
予約必須。
場所:福岡県福岡市博多区祇園町

 

いずれも保険適用外なので費用はかかります。
本格的にボディービルをやりたい人以外は敷居は高そうです。

 

参考:筋肉増強剤は注射のイメージがあるけど

 

多くの人にとって筋肉増強剤のイメージは飲み薬ではなく注射薬ではないでしょうか。
薄暗い、人目につかないところで、こっそり怪しい薬物を注射しているイメージです。

 

実は、ボディービルダーなどのハードなステロイドユーザーが使うのは注射薬の方が多いのです。なので、筋肉増強剤で注射をイメージするのは当たり前かもしれません。

 

注射薬はデカデュラボリン(通称デカ)、プリモボランなど、多くの種類があって、経口薬より多いといいます。
また、一般的には注射薬のほうが副作用が小さいと言われているので、長期間使用するなら注射薬のほうが安全と言えます。

 

しかし、注射薬を手に入れるのはなかなか困難です。

 

当然薬局では売ってません。
オオサカ堂でも購入は一応可能ですが、薬監証明が必要になるなど、難易度が上がります。
また、価格も注射20本で1万2千円ぐらいしますし、初心者は手を出しにくいといえます。
さらに、医師や看護師ではない人が自分に自分で注射することは難しいですし、危険でもあります。

 

注射薬はハードルが高いので、まずは経口薬から始めるほうがよいでしょう。

→オキシポロンの詳細・購入・体験談はこちらから